2016年アニメの躍進 理由 2017年アニメの進むべき道

2016年アニメの大ヒットを箇条書きで説明
① 2016年に大ヒットしたアニメの多くは日常系アニメであった。
② 2016年に急激にアニメが伸びた訳ではない。随分前から日本のアニメは高いレベルで作られ続けている。
③ 大ヒットしたアニメ映画の監督はぽっと出の新人ではない。代表作を持つ中堅以上の名監督ばかりだ。
④ リアリティの追求はおよそ40年ほど前から始まったそうだ。大友克洋氏を代表とするニューウェーブ時代のことか。
⑤ 2017年はアニメ業界にとって重要な一年になるといえる。2016年をピークの年にしてはならない。
『続きは本文のまとめ記事で』[By アユネットドットコム]
スポンサードリンク
( *`ω´) <参考記事だよ!
スポンサードリンク

【映画】2016年アニメ大ヒット現象はなぜ起こった? 豊かなシーンを育んだ“日常系”のリアリティ

1:ななしさん:2016/12/30(金) 11:51:43.89 ID:CAP_USER.net

2016年アニメ大ヒット現象はなぜ起こった?

2016年アニメの躍進 理由 2017年アニメの進むべき道


映画を中心にヒット作が多数生まれた2016年。だが、アニメは今年になって急におもしろくなったわけではない。

アニメはもうかなり以前から、現在の水準に達している。今年特に話題を呼んだ映画の監督たち──『君の名は。』の新海誠監督、『聲の形』の山田尚子監督、『この世界の片隅に』の片渕須直監督にしても、いずれも既に代表作をものにしている中堅以上の監督たちだ。今年に傑作映画が出揃ったのは、極論すれば、めぐり合わせ以上のものはないのだ。

そもそも、日本のアニメは、「キャラクターの存在感」と「観客をその場面に立ち会わせるような演出」を大事にして進化してきた。この2つをまとめていうと「もっともらしさ(リアリティ)」となる。

リアリティの追求はおよそ40年ほど前に本格的に始まった。そして、高い精度のレイアウトに裏打ちされた、現実模倣的な画作りが本格化したのが1990年代後半。さらに2000年代に入って、俗に“日常系”と呼ばれる、女性キャラ中心の他愛もない日常を描くコメディが題材となることで、「現代日本の生活をリアリティをもって描く」ことが自然な出来事になった。


今年、アニメが注目を集めたのは『君の名は。』の歴史的ヒットが突破口となったことが大きい。ファンの裾野の広がりがあればあるほど、さまざまな企画の可能性が広がり、アニメはさらに豊かになる。

厳しい状況が伝えられる制作状況、労働環境の改善とあわせて、2016年を“最後の”ピークとしないためにクリエイティブ面、制作面でどのような取り組みが広がっていくのかが来年以降の注目点といえる。(筆者:藤津亮太氏)(記事の詳細はこちらから

このニュースの情報元はこちら
2016年アニメ大ヒット現象はなぜ起こった? 豊かなシーンを育んだ“日常系”のリアリティReal Sound


( *`ω´) <重要な部分も端折ってあるので、ぜひ全文をリンク先で読んで欲しい。素晴らしいコラムだと感動出来るハズだから。

4:ななしさん:2016/12/30(金) 12:03:29.45 ID:hO+fwOk+.net

オバケのQ太郎やドラえもんみたいな、藤子不二雄漫画は、
 日常系で何年も続いたものなぁ。

6:ななしさん:2016/12/30(金) 12:15:47.27 ID:E3qr1wyC.net

たまたまジョジョ4部が
日常系だったとか

7:ななしさん:2016/12/30(金) 12:44:23.27 ID:cgL07ueS.net

究極の日常系サザエさんは

10:ななしさん:2016/12/30(金) 14:37:27.80 ID:a79sXiJx.net

君の名は。が大ヒットしただけやん。

深夜アニメはなんか腐女子っぽいのだらけで、
見なくなった。

11:ななしさん:2016/12/30(金) 14:41:27.01 ID:p/lTx70t.net

アニメ業界がまだ客と向き合ってるからだろうな
円盤売上主義ってのは要するに番組スポンサーが第一ではなく
BDを購入する視聴者が第一ということだ
そういう体質が今のテレビ芸能にはなくなってしまった
客よりもスポンサーや広告代理店の顔色ばかり伺ううちに骨の髄まで腐ってしまった
まあアニメも必要以上に持ち上げられて客の方を見なくなったら同じ轍を踏むだろう

16:ななしさん:2016/12/30(金) 18:48:54.34 ID:XNaQAF54.net

2016年は面白いアニメは何も無かった。

23:ななしさん:2016/12/30(金) 21:57:43.44 ID:/Ca4V52J.net

>>16
かっこいいと思って言ってんの?
それともほとんど何も見ないで言ってんの?スットコドッコイなの?

18:ななしさん:2016/12/30(金) 19:04:06.23 ID:f1RVMWIl.net

一般受けは「君の名は。」
批評家受けは「この世界の片隅に」

21:ななしさん:2016/12/30(金) 19:53:50.88 ID:nZR/E/AC.net

『君の名は。』も『聲の形』も観た」。どちらも期待以上の良作だったので満足した。次は『この世界の片隅に』を観にいく予定。

27:ななしさん:2016/12/31(土) 07:06:42.22 ID:+lyuSqXp.net

世界の片隅が萌えアニメの要素を含んでいるのは認める

28:ななしさん:2016/12/31(土) 09:29:24.95 ID:iqMfG/Yp.net

今風の絵で日本のアニメでそうじゃないのはありませんよw
可愛らしい女の子=萌え、の感覚じゃあ当然だけどね

29:ななしさん:2016/12/31(土) 10:25:41.63 ID:iUfAxQbZ.net

タイアップでアニメ先行で放映して
映画の宣伝のための道具くらいの扱いだと思ってたんだろうな
アニメ
進撃の巨人、ちはやふる、僕だけがいない街、寄生獣・・・
邦画の実写映画見た後はなんであんなに残念な気持ちになるのか
いっぱいあったけどどの作品もアニメのほうは原作に迫る出来だったし
満足感は原作を超えてることもあった
アニメのレベルが高いことを証明していた


( *`ω´) <日本のアニメは"キャラに親近感が沸く"、または"愛着が沸く"作り方に重きを置いているのはすごく感じるよね。
( *`ω´) <物語はデジャヴ(既視感)やロンギング(憧れ)を感じられる作りにしてある気がするなぁ。その中にリアリティ…か。
( *`ω´) <これらの条件で完成度が高い作品を作るとしたら、やっぱり日常系アニメになるのかなって思った。

ネタ元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/moeplus/1483066303/
スポンサードリンク