アニメブーム ネット配信 中国

日本のアニメブーム ネット配信 中国 を箇条書きで説明

① 今、日本は「第四次アニメブーム」を迎えているという。確かにアニメが盛んなのは分かる。
② このアニメブームをもたらした要因の一つがネット配信だという。国内も海外もいえること。
③ 国内ではネット配信が若い世代のアニメファンを増加させた要因になったと分析されている。
④ 海外でもネット配信のシェアが拡大し続けているそうだ。北米でも中国でも。恐らく西洋も。
⑤ アニメ業界関係者の間にはこのブームが過ぎ去ったあとを恐れるムードが強いのだという。

[By アユネットドットコム]
スポンサードリンク
( *`ω´) <参考記事だよ!
スポンサードリンク

【アニメ】第四次アニメブームに沸く日本、ネット配信と「中国」が牽引

1:ななしさん 2017/05/30(火) 23:11:11.74 ID:CAP_USER.net

第四次アニメブームに沸く日本、ネット配信と「中国」が牽引

アニメブーム ネット配信 中国


2012年を画期とする第四次アニメブームはヒット作ではなく、スキームの変化によってもたらされたものだ。その変化とはなにか。

ジャーナリストの数土直志氏は、「ネット配信」と「中国」だと断言する。数土氏は、ネット配信によって全世界でアニメ視聴者の層が確実に厚くなったと指摘する。日本でもバラエティやドラマなど他のジャンルと比べてアニメはネット配信が先行した分野であり、そのことが若い世代にアニメファンを増やす要因になったと分析している。

このネット配信だが、北米ではネットフリックス、アマゾンという巨頭に加え、日本アニメ専門の有料配信サイトのクランチロールが存在感を示す。クランチロールは日本国内での知名度は決して高いものではないが、今年2月時点で有料会員数が100万人を突破するなど好調を続けている。

中国ではテンセントビデオ、アリババ資本の優酷土豆、百度(中国最大手検索エンジン)資本の愛奇芸という三大IT企業の大手サービスを筆頭に、日本アニメ中心のビリビリ動画、独立系配信サイトの楽視など無数のプレイヤーがひしめきあっている。配信権を奪い合う状況が続くなか、日本アニメの配信権料が高騰し、業界に大きな利益をもたらしている。

市場規模は2012年の1兆3333億円から2015年には1兆8255億円と増加した。約5000億円の上積みを見せたわけだが、うち約3400億円が海外市場の貢献によるものだ。記事の詳細はこちらから

このニュースの情報元はこちら
第四次アニメブームに沸く日本、ネット配信と「中国」が牽引ニューズウィーク


2:ななしさん 2017/05/30(火) 23:24:04.27 ID:QDXGPoh3.net

テンセントのお陰やね。

3:ななしさん 2017/05/30(火) 23:33:33.26 ID:aedYL3Pg.net

もう配信の時代だからねぇ

6:ななしさん 2017/05/31(水) 00:32:56.80 ID:3Zi7zbEZ.net

『アニメブームは一種のバブル』
世界にアニメファンが増えている、中国が正規配信へ傾き、日本コンテンツを争って買っている。 ここまでなら万々歳の話に思えるが、アニメ業界関係者の間にはむしろ今後を恐れるムードが強いという。 中国の動画配信サイト業界、アニメブームは一種のバブルであり、いつはじけるかわからないという懸念だ。

実際、中国の動画配信サイト業界は利益を上げられていない。例えば動画配信サイトの雄、愛奇芸の業績報告書によると、2015年の営業収入は53億元(約854億円)だったが、版権代は77億元(約1240億円)に達している。これに別途人件費、運営費がかかるのだから大赤字もいいところである。これでは長続きしないと考えるのも当たり前だろう。



ここは危惧すべき点だな
7:ななしさん 2017/05/31(水) 01:00:39.72 ID:QW11jz/L.net

まぁ今現在は色んな配信サービスが乱立して
競って日本アニメを買うから版権料が高騰してるけど
競争に負けて撤退したり中小が潰れて淘汰されていけば
値段も落ち着くところに落ち着くだろう

8:ななしさん 2017/05/31(水) 01:06:00.31 ID:YNPXdZ2B.net

いい記事だなぁ、どこが書いてるんだろうと思ったらNewsweekか
日本の数多あるアニメサイトもページビュー稼ぎの下らないアンケート記事ばっかり書いてないでさ、
たまには少しでもいいからこういう読み応えのある内容のものをお願いしたいなぁ...

9:ななしさん 2017/05/31(水) 01:15:24.55 ID:.net

2010年くらいに一時減少したアニメの放送本数が再び急増して
もはや人手が足りず制作間に合わないくらいになってるから、ブームが起きてることは確かなんだろうが
中国バブル崩壊とともにまた本数も減るのかね

15:ななしさん 2017/05/31(水) 05:35:48.46 ID:yj36DLw0.net

>>9
一時期、深夜アニメバブルも崩壊するかな~って感じだったけど
いや~全然崩壊しなかったな、本数がちょろと減ったけどすぐ戻ったな
ネトゲ、パチンコマネーで息を吹き替えしたと思ったら、今度はチャイナマネーと国内配信マネー
次から次へと金出す連中はおるもんやね

10:ななしさん 2017/05/31(水) 01:36:24.46 ID:apS8hgDu.net

海賊版・違法視聴から高画質合法視聴に移行しつつある
今までもアニメファンは多かったが、ネット上で違法視聴してるから、アニメ関連会社にお金が流れてなかった

11:ななしさん 2017/05/31(水) 02:19:37.34 ID:g4UsyajR.net

西欧人なり中国人なりのバイヤーが、アニメの企画に口を出すようになりはじめたが
今の処は、結構質の向上に繋がっているように感じる
無論、地雷リスクはそこら中に散在するが、基本的には良い方向に向かってるんじゃないかな
なんだかんだと、洋の東西問わず、普遍的本格SFへの評価は高い

12:ななしさん 2017/05/31(水) 04:14:34.33 ID:9SSCoplY.net

最近はスタッフロールに企画者としてクランチロールのCEOの名前見るな

25:ななしさん 2017/05/31(水) 19:10:35.96 ID:alesE0XH.net

>>12
クランチロールは投資ファンドでアニメ製作に入ってきてるね

13:ななしさん 2017/05/31(水) 04:50:20.04 ID:xi4oPPqa.net

粗製乱造著しいけどな
これほど使い捨てアニメが増えて大丈夫か

14:ななしさん 2017/05/31(水) 05:32:08.21 ID:yj36DLw0.net

>>13
大丈夫でもないけど、かと言って少数精鋭の少量生産したからと言って
良い物が出来るとは限らないのが、こういう趣味の世界だしな
ゲームも一番賑わってたのはクソミソも混ざって多数のゲームが発売されてた時だし

16:ななしさん 2017/05/31(水) 06:06:47.16 ID:g4UsyajR.net

>>13
この冬期・春期と作品の打率はなかなか悪くない
中国人でも、アニメオタクの人種とだけは判り合えるのかもしれんw
「恋愛暴君」は、ビリビリ動画の企画屋が相当関わってるんだろ
あんなオバカアニメを好んだ中国人の感性が、意外っちゃあ意外
ヨーロッパ系の企画屋はずっと安定してるしな

27:ななしさん 2017/05/31(水) 22:13:32.54 ID:BBYMaV9d.net

>>16
恋愛暴君のグリが愛神チョコレートの女神になんとなく似てると思ったがそういうことか

18:ななしさん 2017/05/31(水) 07:40:11.21 ID:6OkgpqUC.net

金出して口出さないなら中華だろうがパチマネーだろうがどうでもいいわ
ちゃんと現場に金が回るようにしろよ

22:ななしさん 2017/05/31(水) 16:33:54.32 ID:mDmr43sB.net

アニメブームは業界じゃなく一部の熱狂的ファンに支えられてできてる

28:ななしさん 2017/05/31(水) 23:37:50.89 ID:vTTFYQa/.net

ちゃんと売れて商売になる作品作ってるところと、
何考えてそんなの作ってんの?っていうのとでは違うよね

23:ななしさん 2017/05/31(水) 18:19:16.97 ID:aBXOsDjf.net

アニメブームというか
メインカルチャーが凋落してオタクカルチャーに人が流れてる感じだな
日本の文化として乗っかるべき大波が失われた
高度経済成長からバブルまでやってきたことが薄っぺらすぎて土台から崩れた
テレビ芸能のことな


■管理人の感想

確かに今の状態がずっと続く訳ではないだろうな。アニメブームが過ぎ去ったときに業界もアニメ人気も安定していれば成功なんじゃないかと思うんだけど。理想は日本の観光立国実現にアニメやサブカルチャーが貢献すること…かな。オタクの道楽から日本文化の一つになることは大きな意味があるよ、きっと。一部の層の願望ではなく、結果になるのだから。まあオタクと呼ばれる人達がそれを望む、望まないは別としてね。……何を今さら。くっ。

ネタ元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/moeplus/1496153471/

( *`ω´) <読んだ感想を待ってるよ!

スポンサードリンク