少女終末旅行 5話

少女終末旅行 5話 を箇条書きで説明

① 廃ビルに侵入したチトとユーリ。一つだけ扉がある部屋を発見した二人。入室してみることに。
② 激しい睡魔に襲われたチトは休憩することにした。夢の中でなぜかユーリにしばかれるチト。
③ 突然の土砂降りで雨宿りを余儀なくされた二人。そこの雨音が非常に幻想的で癒される二人。素敵。

[By アユネットドットコム]
スポンサードリンク
( *`ω´) <参考記事だよ!
スポンサードリンク

少女終末旅行 5話 「住居」「昼寝」「雨音」

少女終末旅行 5話

■あらすじ

いくつもの建物が連なった巨大な団地にやってきたチトとユーリ。電気や水道といった設備はまだ動いているが、人は誰もいない。かつてはたくさんの人々が住んでいた家だった場所を探索しながら、家について考える二人。探索を続けるうちにまだドアがついている部屋を見つけた二人が中をのぞいてみると、そこには二つのソファが残されていた。ソファに座ったチトとユーリは背にもたれかかり、一息つきながらお互いの理想の部屋について語り始める。

少女終末旅行 5話 (02)

少女終末旅行 5話 (04)

少女終末旅行 5話 (05)

少女終末旅行 5話 (06)

少女終末旅行 5話 (07)

少女終末旅行 5話 (08)

少女終末旅行 5話 (10)

少女終末旅行 5話 (11)

少女終末旅行 5話 (12)

少女終末旅行 5話 (13)

少女終末旅行 5話 (14)

少女終末旅行 5話 (15)

少女終末旅行 5話 (16)

少女終末旅行 5話 (17)

少女終末旅行 5話 (18)

少女終末旅行 5話 (19)

少女終末旅行 5話 (20)

少女終末旅行 5話 (21)

少女終末旅行 5話 (22)

少女終末旅行 5話 (23)

219:ななしさん:2017/11/03(金) 22:43:30.73

控えめに言って神回だった
そして来週は風呂回だ

220:ななしさん:2017/11/03(金) 22:44:24.01

やっぱ雨音は約束された神回やったわ

224:ななしさん:2017/11/03(金) 22:53:02.40

ユーリ「どうせ食べられるなら私がいいでしょ~?」

チト「それはそうかもしれないが…」


どうでもいいけど落下系の夢みたら絶対起きるわ

225:ななしさん:2017/11/03(金) 22:53:05.87

原作が重くなりすぎて、スッキリと4巻で終わって、2期も無い方が気が楽な気がしてきた

238:ななしさん:2017/11/03(金) 22:59:36.03

>>225
やっぱそうなんだ
何も足しも引きもしない癒しの世紀末日常なんて事は無いんだな

226:ななしさん:2017/11/03(金) 22:55:42.74

雨音はヘッドホン推奨
雨音とか音楽もだが最後の静寂がより間近に感じられる

237:ななしさん:2017/11/03(金) 22:59:32.77

>>226
今回の音響の中では換気扇の扇風機の風切音まで入れていたのが凝っていたなあという感じ
あと特殊エンデイングはアカペラ風味が実に良かった
水音がパッカーション的に入っていたので純粋なアカペラではないけれど

446:ななしさん:2017/11/04(土) 11:11:09.14

>>226
これ映像ソフトは完璧に仕上げて7.1chとかDTSヘッドホンXとか対応して欲しいな。

228:ななしさん:2017/11/03(金) 22:56:32.76

この回の原作好きだったからこういう映像化は本当嬉しい

230:ななしさん:2017/11/03(金) 22:58:20.64

何故だろう
少し感動してしまった

232:ななしさん:2017/11/03(金) 22:58:47.09

ショパンの「雨だれ」とか思い出したw

233:ななしさん:2017/11/03(金) 22:58:51.81

食料あればあそこに住めるのに

236:ななしさん:2017/11/03(金) 22:59:09.70

凄い回だった……

240:ななしさん:2017/11/03(金) 23:00:17.37

波紋に始まり、波紋で閉じる
水の情景に癒された

241:ななしさん:2017/11/03(金) 23:00:43.15

特殊EDの入り良かった
雨音を音楽って感じてからの歌となるのが
雨止んでから普段の世界の静けさに気づくとこも

昼寝シュールで良かったけど
チトの夢に出てくるものが貧弱すぎて
ほんとに世界に何も残ってないんだと再認識

247:ななしさん:2017/11/03(金) 23:03:56.34

今回のテーマは水で一貫してる感じだった

>>241
全部がユーとの思い出で
かつユーにはかなわないということなのかなと思ったw

264:ななしさん:2017/11/03(金) 23:11:12.71

>>247
>今回のテーマは水で一貫してる感じだった
言われてみればたしかにそうだったな
よく見てるな

245:ななしさん:2017/11/03(金) 23:02:08.34

死体がまったくないのは、すでに人類が絶滅寸前まで衰退していたのか、作品にそぐわないからわざと描写をしていないのか、それとも他に理由があるのか

253:ななしさん:2017/11/03(金) 23:05:11.11

>>245
水が流れてるのに苔すら生えてないからな……
生物に属するものを軒並み分解する細菌兵器みたいなので滅んだのかも

268:ななしさん:2017/11/03(金) 23:13:13.90

いつかはどちらかが病気になって死ぬだろうから
いずれは死体がどうなるかはわかるだろう

246:ななしさん:2017/11/03(金) 23:03:47.56

気合入って作ってんなー
アニメスタッフがなんか判ってて嬉しい

249:ななしさん:2017/11/03(金) 23:04:28.69

EDの入りといいすごい丁寧に作られた作品だ
泣かせに来てるわけじゃないのに泣いてしまいそうになった

250:ななしさん:2017/11/03(金) 23:04:34.73

本棚から着想して食料棚って本当に何もないんだよなあの世界

254:ななしさん:2017/11/03(金) 23:05:13.65

EDの入り方素晴らしいしまさか新曲が来るなんて
原作の良さをホント上手く拡張してくれてると思う
最後の白い世界のところで頭の角度を合わせて目を閉じるのが好き

「いつか辿り着いた時は 共に笑えるように」
雨だれの歌は原作の最新話読んでからだと心にくる歌詞だった

260:ななしさん:2017/11/03(金) 23:09:26.58

開始前はほぼ新人監督が地味な原作を、ということで不安がっていたのがウソのようだ
この原作・アニメ化コンビは最強じゃないか

270:ななしさん:2017/11/03(金) 23:13:56.24

二人しかいないから当然とも言えるけど、チトの夢はチトの中でのユーの存在の大きさが垣間見れて良かった

271:ななしさん:2017/11/03(金) 23:15:21.63

オーバーロード的な存在が
人類を霊的存在にステップアップさせて
今ある地球はその残滓にすぎないかもしれない

死体がないのはそのせいだったりして

272:ななしさん:2017/11/03(金) 23:17:24.86

最後は作者が好きな話だけあってサプライズだな

277:ななしさん:2017/11/03(金) 23:19:28.15

アニメスタッフも原作者もこれだけ繊細な話がよく描けるなあ…
一見すると何でもなさそうだけどすごく心に来る

279:ななしさん:2017/11/03(金) 23:21:03.03

そもそも人類が絶滅するほどの大戦争の後だと
気候も現代と同じかどうか

285:ななしさん:2017/11/03(金) 23:26:47.50

メディアが出て来ないな
カセットどころか蓄音機も

288:ななしさん:2017/11/03(金) 23:29:21.03

>>285
音楽ってのが失われているようだしな
本とかで存在は知っているんだろうけど

287:ななしさん:2017/11/03(金) 23:28:40.87

電気や電線があって
街灯が生きてるんならどっかで
発電施設は稼動してるんだろうが

全自動で半永久的に稼動可能なヤツっぽ

289:ななしさん:2017/11/03(金) 23:30:02.15

不思議な話だった
EDへの繋げ方がすばらしい

290:ななしさん:2017/11/03(金) 23:30:10.83

やはり打楽器はいい。EDはとなりの関くんEDのドラムを彷彿した

291:ななしさん:2017/11/03(金) 23:30:38.89

音楽の概念が失われてて、その遺物すら残って無い
カタストロフから2世代以上経過してるとしか思えないが
レーションは食べられるし電気や水などのインフラは残ってる

なんだろね
やっぱり生物化学兵器で生物だけ消えた感じかね

292:ななしさん:2017/11/03(金) 23:30:54.33

どうせ食べられるならわたしがいいでしょう?
それはそうかもしれないが
とか原作に無いセリフが追加されてるのは
良い改変

300:ななしさん:2017/11/03(金) 23:34:48.67

>>292

少女終末旅行 5話

301:ななしさん:2017/11/03(金) 23:35:34.42

今回もめちゃくちゃ良かった
雨音どんな風にやるんだろうと期待してたけどまさか歌まで入れてくるなんて
あとちーちゃんいっつもユーの夢見てそうだな

ネタ元: http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/anime/1509603850/

■管理人の感想

少女終末旅行の5話を観た感想や考察など

「住居」「昼寝」「雨音」と3部構成になっていた5話について感想を述べてみようかと。

管理人個人が気に入ったのは、Cパートの「雨音」かな。幻想的な演出からEDへ繋げてしまうのはさすがだと思った。これは「良」演出。また雨音が音楽に聞こえるって感性もチトやユーリからすると、物凄く新鮮な感覚なんじゃないだろうか。落ちてくる水滴の真下に様々な物を置いて当たった時の音に癒やされていた二人。ヒーリング効果ってやつだろうか。終末の世界でああいう場所に遭遇できたチトとユーリはきっと幸せだったのかもしれないね。そもそもこの二人はジャンルを問わず音楽というものを聞いたことがあるのだろうか。その辺がちょっと気になったかも。

「住居」への憧れが上手に描かれていたと思う。チトとユーリって猫でいえば野良猫みたいなものだからね。野良猫は飼い猫に憧れるだろうさ。(逆も然りなんだけど。)だけども、こんな終末の世界では一箇所に留まって暮らすことなんて到底無理な話。だって移動し続けながら食料や燃料を確保しないといけないんだから。だからこそ、一軒家に住むことに思いを馳せてしまったんだろうなぁ。

「昼寝」はほとんどチトの夢で終わってしまったけど、食った魚のネタをまだ引っ張っているのはさすがに笑ってしまった。まだそのネタを引っ張るのかよ!って。よほど美味かったのだろうね。この魚のネタも笑えるように上手に演出してあるのもさすがだと思った。またチトやユーリは魚が泳いでいるところを見たことがないので、魚が移動する際に動きに細かい描写がなかったのもリアルだと思った。確かに魚を見たことが無い人があんなグニャグニャと左右に体を振りながら泳ぐとは夢にも思わないだろうしなぁ。細かいところまで追求してるよなって関心してしまったのだ。

5話でユーリの非常識な行動はあまり見られなかったね。拾った鉄の棒でチトが被っているヘルメットをガンガンと叩いたくらいか。チトのヘルメットを叩いた結果、逆に自分の頭をガンガン叩かれるハメに。こういう反撃もたまにはあって良いと思うなぁ。あと、ユーリがチトのヘルメットを叩いたことから雨音の音楽に繋がる訳で、あそこで着想を得たユーリって感性が優れているのかもしれないね。

■最後に管理人から簡単な挨拶を

つーわけで!少女終末旅行の感想まとめはこれくらいで。じゃあの。


( *`ω´) <読んだ感想を待ってるよ!

スポンサードリンク