宇宙よりも遠い場所 9話

宇宙よりも遠い場所 9話 を箇条書きで説明
① 南極観測隊の隊長「吟」と「報瀬」。二人の共通点は報瀬の母「貴子」。二人の間には深い溝がある。
② 「貴子」のことがあるゆえに二人は話しにくい相手になっていた。二人共口下手なので余計に話せず。
③ かなえやキマリ達の取り計らいで二人が本音で話せるチャンス到来。口下手なりに本音トークをする。
④ 氷海を進む砕氷船と昭和基地の歴史。敗戦国日本の意地。南極大陸に降り立った報瀬達が大声で叫ぶ。
[By アユネットドットコム]
スポンサードリンク
( *`ω´) <参考記事だよ!
スポンサードリンク

宇宙よりも遠い場所 9話 南極恋物語(ブリザード編)

宇宙よりも遠い場所 9話

■あらすじ

観測隊員の敏夫から恋の相談を受けたキマリたちは、敏夫が恋い焦がれる相手が隊長の吟だと知って呆れてしまう。吟との距離を少しでも縮めるため、報瀬に何か情報はないかと尋ねる敏夫だったが、母である貴子の知り合いというだけで、何も話せることはないと答える報瀬。こうなったら吟に直接聞くしかないと、キマリたちは報瀬に吟のところへ行くように言うのだが……。

宇宙よりも遠い場所 9話 (01)

宇宙よりも遠い場所 9話 (02)

宇宙よりも遠い場所 9話 (03)

宇宙よりも遠い場所 9話 (04)

宇宙よりも遠い場所 9話 (05)

宇宙よりも遠い場所 9話 (06)

宇宙よりも遠い場所 9話 (07)

宇宙よりも遠い場所 9話 (08)

宇宙よりも遠い場所 9話 (09)

宇宙よりも遠い場所 9話 (10)

宇宙よりも遠い場所 9話 (11)

宇宙よりも遠い場所 9話 (12)

宇宙よりも遠い場所 9話 (13)

宇宙よりも遠い場所 9話 (14)

宇宙よりも遠い場所 9話 (15)

宇宙よりも遠い場所 9話 (16)

宇宙よりも遠い場所 9話 (17)

宇宙よりも遠い場所 9話 (18)

宇宙よりも遠い場所 9話 (19)

宇宙よりも遠い場所 9話 (20)
16:ななしさん:2018/02/27(火) 23:42:26.21
船のラミング、敗戦後の日本の南極観測の苦労、それらが幼女報瀬の縄跳びと絡まって
今の報瀬の縄跳びの上手さに繋がっているってのも良かった。
52:ななしさん:2018/02/27(火) 23:52:19.50
難色を示した国ってどこだよ
今なら復讐できるだろ
82:ななしさん:2018/02/28(水) 00:00:24.56
>>52
当時の日本は四等国って言われてたからね。まだ戦後10年くらいしか経ってなかったし。
どの国と言われても、欧米の何カ国もありそうだし。
アムンゼンやスコットと同時期に南極探検に行って無事帰ってきた白瀬の実績を盾に認めさせた
102:ななしさん:2018/02/28(水) 00:06:00.79
>>82
20年経ったら一気に一等国になったけど、当時は10年だったか
54:ななしさん:2018/02/27(火) 23:53:12.46
というか、日本人って豊かになるより若干落ちぶれてるほうが元気あるんじゃね?w
41:ななしさん:2018/02/27(火) 23:49:50.36
今回は感動ものだった。特に最後のみんなで一斉に「ざまーみろ!」って言うところとか
47:ななしさん:2018/02/27(火) 23:51:15.31
ざまーみろ。なんかいいな
81:ななしさん:2018/02/28(水) 00:00:01.38
ざまぁみろは4人単体だと白瀬に合わせた感じだけど
全員のざまぁみろは先の観測隊の不遇の話も前フリきかせてたのかな
85:ななしさん:2018/02/28(水) 00:01:04.86
>>81
あと戦後の日本の観測隊もやな
テーマ的な意味では、どうせできっこないって諦めた世の中に対してでもあるかも
138:ななしさん:2018/02/28(水) 00:22:31.22
>>85
たしかに今も陥っている諦めや隷属への
挑戦的というか挑発的な意味があると思う
独立自尊を求めて行けよってくらいの
28:ななしさん:2018/02/27(火) 23:46:01.71
かわいい頃の報瀬ちゃんをごらんください

宇宙よりも遠い場所 9話

宇宙よりも遠い場所 9話

宇宙よりも遠い場所 9話

宇宙よりも遠い場所 9話
49:ななしさん:2018/02/27(火) 23:52:00.38
しらせの子供の頃のTシャツかわええ
ペンギンだな
23:ななしさん:2018/02/27(火) 23:44:11.89
しらせは小さい頃は可愛かったんだな
22:ななしさん:2018/02/27(火) 23:43:58.76
隊長の隠し子かと思うほど隊長としらせ似てるけど違ったかw
37:ななしさん:2018/02/27(火) 23:48:59.28
あーなるほど
シラセはシラセ母と隊長の子供なのね
だから似てるのか
33:ななしさん:2018/02/27(火) 23:46:58.72
今回は吟ちゃん隊長にちょっとポンコツの片鱗が垣間見えて良かった
60:ななしさん:2018/02/27(火) 23:54:24.11
貴子に枯れない花を捧げる吟
沈まぬ太陽に向かって泣いている吟

ドライフラワーも極夜の太陽も永遠性を持っている
貴子のことが消えない、ということかな
17:ななしさん:2018/02/27(火) 23:42:49.95
今回も結月ちゃんが一番可愛い
59:ななしさん:2018/02/27(火) 23:54:19.22
メールはクリスマスカードか年賀メールなんじゃないのかなあ…時期的に
1件しかないのはそれだけいままで友達がいなかったってことを指してるとか

悪く考えると親戚の不幸とかが思い当たるけど
連絡しても3月終わりまでは帰れないから不安にさせるだけだから黙ってるだろうし
あんまり深刻な内容じゃないと思いたいなあ
109:ななしさん:2018/02/28(水) 00:08:35.72
結月母からのは私達結婚しますメールだろうな
20:ななしさん:2018/02/27(火) 23:43:11.32
ただただ面白い
27:ななしさん:2018/02/27(火) 23:45:43.56
日向の「先、行けよ」で気が利いてるーと思い
その後のみんなで一斉にジャンプ…うん、不覚にもね…
34:ななしさん:2018/02/27(火) 23:47:23.18
完全にしらせが主人公になってるのですが…
39:ななしさん:2018/02/27(火) 23:49:17.97
>>34
まあ4人ヒロインだな良くも悪くも
42:ななしさん:2018/02/27(火) 23:50:08.17
赤くない!かわいい

宇宙よりも遠い場所 9話

ここ好き

宇宙よりも遠い場所 9話

宇宙よりも遠い場所 9話

宇宙よりも遠い場所 9話
58:ななしさん:2018/02/27(火) 23:54:16.84
>>42
キマリだけ左足ついてるな左利きなのか
84:ななしさん:2018/02/28(水) 00:00:54.35
>>58
いや、箸は右手で持ってるから右利きだと思うよ。
53:ななしさん:2018/02/27(火) 23:52:57.84
新ビジュアルだって

宇宙よりも遠い場所 9話
65:ななしさん:2018/02/27(火) 23:57:21.23
>>53
マジやん
公式HP差し替わってる
113:ななしさん:2018/02/28(水) 00:09:11.08
>>53
これまでのもまだ見られるようになってる親切設計やね。

宇宙よりも遠い場所 9話

宇宙よりも遠い場所 9話

宇宙よりも遠い場所 9話
68:ななしさん:2018/02/27(火) 23:57:51.19
やっぱオーロラやるんだな
71:ななしさん:2018/02/27(火) 23:58:14.61
キマリは8話で若干主人公ポイント取り戻したけど今回またガッツリしらせに持ってかれたな…
64:ななしさん:2018/02/27(火) 23:56:38.42
リンちゃんの収納技術はんぱないよな
ほんと有能な妹だ
93:ななしさん:2018/02/28(水) 00:03:11.69
>>64
妹はすべて有能なんだよ妹欲しい
100:ななしさん:2018/02/28(水) 00:05:09.32
>>93
姉より優れた妹など存在しない
115:ななしさん:2018/02/28(水) 00:10:33.26
最終回はオーロラ見てENDか
119:ななしさん:2018/02/28(水) 00:11:18.52
>>115
最後は日本に戻ってきて終わりだろ。
帰路はEDに載せてのダイジェストとして。
ネタ元: http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/anime/1519741665

■管理人の感想
宇宙よりも遠い場所の9話を観た感想や考察など
9話は、隊長こと吟と報瀬の溝を埋める話だったな。敏夫の恋愛相談はついでだった気がする。寧ろ無くてもいいレベル。まさかこのネタで一話分使っちゃうのかと不安になったけど、さすがにそれはなかったっぽい。

吟は報瀬の母「貴子」と旧知の仲。昔からの友達である。そして、遭難した貴子の捜索を打ち切った(諦めた)張本人だったりする訳だ。報瀬からすれば吟は母親を見捨てた最低な人物なのだ。だから、吟は報瀬に恨まれていると思っていたようである。そのため、必要以上に接触しないようにしていたみたいなんだね。逆に報瀬も母親が死んだ事実を未だに整理できずにいたようで、吟と話すのが嫌だったみたいだ。何よりこの二人は口下手で人との交流を苦手としている。要するに似た者同士だって訳だね。母の貴子は、報瀬が幼い頃からそれに気がついていたようで、何かと理由をつけて吟と報瀬を二人きりにしようとしていたみたいだ。まあ、面白半分なんだろうけどね。

9話はそんな過去の掘り起こしから始まり、途中気を利かせたかなえやキマリ達の取り計らいにより、二人きりで「貴子」について話す機会を得た訳だ。完全とはいかないものの、長年のわだかまりがいくらか無くなり、南極観測隊のメンバーとして打ち解けるきっかけになったのではないかと思うんだ。元々、二人は口下手だから、仲良く談笑することはあまりないのだろうけど、これを機会に苦手意識が徐々になくなっていくのではないかと思った。この二人の確執は、南極大陸に到着する前に解決しておきたい重要な問題だったので、不安材料がまた一つ減ったのではないだろうか。よかった、よかった。うんうん。

それとは別に、吟も報瀬に似ているだけあってポンコツっぽいな。女刑事や女スパイみたいな格好良さがあっただけに落胆もひとしおだ。まあ、人間らしさを見せてくれたので、吟という女性に親近感が湧いたのも事実だけどさ。

あと、砕氷船(icebreaker)と昭和基地の話はちょっと感動してしまったな。興味が湧いたので、記録を残す意味でも備忘録として書き残しておこうと思う。ざっと読んで理解したものを書くだけなので、内容が薄いかもしれないけどね。

1951年に国際科学研究プロジェクト「国際地球観測年」に日本も参加を希望した。だが、戦後間もない頃の話なので、敗戦国だった日本は、国際的な発言権がほとんど無かったんだ。日本は赤道観測を行う予定だったので、予定地の利用をアメリカに願い出たのだが、使用の許可を得ることはできなかったようだ。

仕方ないので南極観測に切り替え、1955年に12か国による共同南極観測に参加。そこで与えられた地域が「オングル島」という辺境の地だったようだ。南極観測には不向きの地域であり、ほかの参加国からしたら「行けるものなら行ってみな」みたいな場所だったようだ。敗戦国日本にお似合いの場所だったのかもしれないね…。

1956年に出発した観測船「宗谷」は厚い氷を割りながらオングル島を目指した。見事到着して上陸を果たし昭和基地を建設した。この時の隊員を「第1次観測隊」と呼んでいるようだね。1次隊は極限状態の中、越冬に成功。続く「第2次観測隊」は観測船「宗谷」が砕氷船として機能せず、接岸を断念。天候不良も相まって越冬を断念。この時に15頭のイヌが置き去りにされた。その1年後に「第3次越冬隊」が昭和基地に到着。この時に生きていたのが「タロ」と「ジロ」という2頭のイヌだった。ご存知の通り、この逸話が映画「南極物語」になり、大ヒットを記録した訳だ。

最後に。観測船「宗谷(そうや)」は現存する数少ない(見方によっては唯一の)帝国海軍艦船でもある。そう、お前が日本の威信を背負って南極大陸を目指すことに意味があったのだ。戦後の日本の意地ともいえる感動的なエピソードを知れて、管理人はとても感動してしまった。

因みにだが管理人は「iceman」というユニットが作った「IceBreaker」という曲(原曲)が好きでよく聴いているので、何だか余計に感動してしまった。この曲を簡単に説明すると、「氷の世界で戦う戦艦を音で表現できている秀逸な曲」といったところか。(原曲を30秒視聴)しんどい時にこの曲を聴きながら、何となく口にしていた「The icebreaker can go .(砕氷船は行くことができる)」の意味を理解できた気がしてちょっと嬉しくなった。こういうのを線と線が繋がるというのかなぁ…なんて。得難き日だったような気がするよ。

「The icebreaker can go !!(砕氷船は行くことができる!)」

ちょっと話が脱線してしまったが、9話に感動してウルウルしながら観ていたので、その時の気持ちも踏まえて感想を書いてみた。来週はどんな話をやるのかなぁ。今から楽しみだ。
■最後に管理人から簡単な挨拶を
つーわけで!宇宙よりも遠い場所の感想まとめはこれくらいで。じゃあの。

( *`ω´) <読んだ感想を待ってるよ!

スポンサードリンク