サイレントヒル

■管理人が「 サイレントヒル セントラリア 」のスレについて説明
「サイレントヒル」のモデルになった街として知られる「セントラリア」。アメリカ合衆国のペンシルベニア州にある街だったが、今はゴーストタウンと化している。かつては良質な無煙炭が採掘できる地域として知られ、炭鉱の町として栄えていたという。

だが、1962年に発生した坑内火災により、人が住める地域ではなくなってしまった。連邦政府からも退去勧告が発令され、多くの住民は街を去っていった。そのままゴーストタウンになってしまったそうだ。

気になる坑内火災であるが、2018年現在も未だに燃え続けているという。100年近くは燃え続けるという話なので、我々が生きている内に消化されることはないのだろう。因みになぜ消化しないのかというと、消火にかかるコストや手間の問題で政府は消火を諦めてしまったのだという。その後、見捨てられたこの街は、ゲームや映画で大活躍したって訳だね。
[By アユネットドットコム]
スポンサードリンク
スポンサードリンク

サイレントヒルのモデルになった町
1:ななしさん 2018/08/17(金)23:01:27
サイレントヒルのモデルになった、45年間続くセントラリアの坑内火災
セントラリア

アメリカのペンシルバニア州で、45年間も続いている火災がある。それが「セントラリアの坑内火災」。

1962年の5月にゴミ処理場のゴミを焼却して処分を終えたつもりだったのに、その火が実は地下の鉱脈に燃え移っていて、気付いたときには手がつけられない状況だったというもの。

消火が難しいため住民が退去したセントラリアはゴーストタウン化し、それがゲームや映画になった「サイレントヒル」の町のモデルになった。

今も土地から離れたくないという人がセントラリアに住み続けている。地下の火災は収まることなく、鎮火には100年以上かかる。(記事の詳細はこちらから

このニュースの情報元はこちら
サイレントヒルのモデルになった、45年間続くセントラリアの坑内火災GIGAZINE






やばすぎやろここ…


SILENTHILL PV
3:ななしさん 2018/08/17(金)23:03:47
見るのめんどくさいから三行で説明して
4:ななしさん 2018/08/17(金)23:04:41
>>3
めっちゃ霧濃い
バス走っとる
ヤバくない
6:ななしさん 2018/08/17(金)23:05:57
>>4
霧じゃなくて地下からの煙や
69:ななしさん 2018/08/17(金)23:24:30
ストリートビューで見ると結構車通り多くてツーリングやドライブには良さそう
5:ななしさん 2018/08/17(金)23:05:44
地下で火ボーボーで草

ガチでいまだに燃えとるんか?
そろそろ鎮火したんちゃうか?
6:ななしさん 2018/08/17(金)23:05:57
>>5
あと100年かかる
9:ななしさん 2018/08/17(金)23:07:36
>>6
え?どうゆうこと
17:ななしさん 2018/08/17(金)23:08:51
>>9
数十年前に街の地下を走る炭鉱が大火災を起こして、街の地下全体で石炭が燃え続けてる
それが消せなくて町中が地熱と煙に覆われて、街は放棄された
22:ななしさん 2018/08/17(金)23:09:36
>>17
そんなサイレントヒルみたいな街あるんやな
11:ななしさん 2018/08/17(金)23:07:51
なんで燃えてる
13:ななしさん 2018/08/17(金)23:08:23
>>11
住民が庭でゴミ燃やしてたら地下の鉱脈に燃え移ったというのが有力な説
41:ななしさん 2018/08/17(金)23:13:34
数十年間燃え続けるって凄くないか?
なんかエネルギーに変換できないんかな
14:ななしさん 2018/08/17(金)23:08:28
セントラリアやったっけ
インフラ整備とかどうなっとるんやろな
52:ななしさん 2018/08/17(金)23:17:00
本当にあった街だったんか?
26:ななしさん 2018/08/17(金)23:10:52
グーグルマップで見ると広さ的に町というか集落って感じやな
30:ななしさん 2018/08/17(金)23:11:40
>>26
いや、昔は広かったんや
ほとんどの家が壊されて、中心地だけが残ってああなった

当時は栄えた炭鉱町やったんやで
7:ななしさん 2018/08/17(金)23:07:05
まだ何人か住んでる人いるんだよな
8:ななしさん 2018/08/17(金)23:07:24
ちな今の技術でガチれば消せるは消せるらしいんやが、
炭鉱の採掘権持ってる奴らが「炭鉱を台無しにする方法はやめろ!」って訴訟起こして
鎮火できんらしい

>>7
管理者やな
16:ななしさん 2018/08/17(金)23:08:48
また、再スタートしねぇかなぁ……
23:ななしさん 2018/08/17(金)23:09:39
あのタイトルが復活!がいいニュースになると思うな
コナミだぞ
27:ななしさん 2018/08/17(金)23:11:00
>>23
ぶっちゃけどっかがタイトル買い取ってやってくれないんかな
雰囲気変わってもいいからとりあえずナンバリングと怪奇ホラーの世界観をやりたいんやけど
32:ななしさん 2018/08/17(金)23:12:20
サイレントヒルはゲームも映画もよかったな
45:ななしさん 2018/08/17(金)23:14:16
>>32
一作目の映画すこ
なおゲームは未プレイ
40:ななしさん 2018/08/17(金)23:12:50
元ネタの話は、スティーブンキングのミストやよね確か
初代とかモロな設定とかあるし




『ミスト (映画)』とは
『ミスト』(The Mist)は、スティーヴン・キングの1980年の中編小説『霧』を原作とした、2007年のアメリカ合衆国のSFホラー映画である。監督・脚本はフランク・ダラボン。
深い霧に包まれた街で巻き起こる怪異と、徐々に秩序を失う人々が描かれる。

[出典:Wikipedia]
54:ななしさん 2018/08/17(金)23:17:16
>>40
そうなんか
62:ななしさん 2018/08/17(金)23:21:10
こんな感じの雰囲気だいすこ


トルクメニスタンの燃えるガスクレーター、ダルヴァザ

ダルヴァザは、トルクメニスタンのアハル州にある村。カラクム砂漠の中央にあり、首都アシガバードの北約260キロメートルに位置する。意訳すると「関門」。

トルクメニスタン国内のダルヴァザ付近の地下には豊富な天然ガスが埋蔵されている。1971年にソ連(当時)の地質学者がボーリング調査をした際、ガスを発見することができたものの、その過程で落盤事故が起き、採掘作業用の装置が置かれていた場所もろとも直径50〜100メートルにもなる大きな穴が開いてしまった。有毒ガスの放出を食い止めるため、仕方なく点火することになったが、可燃性ガスが地下から絶え間なく吹き出るため、延々と燃え続ける事態となった。この穴を住民は「地獄の門」と名づけた。


■管理人の感想
自分が住んでる街の地下が突然燃え出すとか創作の世界だよな……。1962年に地下の鉱脈で火災があって、今現在も燃え続けているっていうのが凄い話だよな。しかもまだまだ燃え続けるっていうじゃない。普通に恐ろしいわ。

セントラリアと同じように延々と燃え続ける大穴が「トルクメニスタン」にもあるので、動画を貼ってみた。人の住む世界にあるモノとはとても思えない恐ろしい光景である。「地獄の門」という名に相応しい禍々しい大穴だな。因みになぜ燃えているのかというと、地下より「可燃性ガス」が放出し続けているかららしい。
ネタ元: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1534514487/

( *`ω´) <読んだ感想を待ってるよ!
スポンサードリンク